表色系 | PCCS表色系について

  • マンセル表色系
  • PCCS表色系
  • オストワルト表色系

PCCSシステムとは

日本色研配色体系 Practical Color Co-ordinate System(略称PCCS)。 色彩調和を主な目的としたカラーシステム。 1964年に(財)日本色彩研究所が発表。 明度と彩度をトーンという概念でまとめ、色相とトーンで表示する。

色の3属性

(1)色相(Hue)
心理四原色を色領域の中心とする。
(赤ー2:R、黄ー8:Y、緑ー12:G、青ー18:B)
→この4色相の心理補色の4色相を加え、8色。
(青緑ー14:BG、青紫ー20:V、赤紫ー24:RP、黄みのだいだいー6:yO)
→この8色相に、色相間隔が知覚的に等歩度に感じられるよう4色相を加えて12色相に。
→この12色相を分割して24色相に。
(2)明度(Lightness)
白ー9.5 黒ー1.0。カラーカードでは1.5から。
1.5から9.5まで0.5ずつ17段階に分割。
(3)彩度(Saturation)
すべての色相の純色(最高彩度)に変わる、各色相の代表色を9sとする。
この代表色と同明度の無彩色との間を、知覚的に等歩度になるように9段階に分割。(1s~9s)

色の表示

トーンと色相の組み合わせ
有彩色:トーン+色相番号
(例)v8 ltg20
無彩色:W Bk Gy+明度を表す数字
(例)Gy-5.5
三属性
有彩色:色相ー明度ー彩度
(例)4:rOー5.5ー9s
無彩色:n-明度を表す数字
(例)n-3.5

PCCS色相環
PCCS色相環

8:Yと20:Vの等色相面
8:Yと20:VのPCCS等色相面

PCCS色立体概念図
PCCS色立体概念図

トーン

明度と彩度の複合概念。色の調子の違いを表現。

PCCSトーンの一覧

明清色・中間色・暗清色・純色の表

このページのトップへ