復習用ページ > カテゴリー【眼の構造】

瞳孔

虹彩の中央にある円形の孔。

瞳孔

視神経乳頭

視神経が束ねられて眼球から出て行く、その出口。ここには視細胞がない。

視神経乳頭

中心窩

網膜の中心部にあり、視細胞の密度が高く、網膜の中でもっとも解像度が高い。

中心窩

角膜

目に入った光を屈折させて、網膜で焦点を合わせて画像を結ぶ手助けをする。
また、外部からの異物から保護をする役割も持つ。
カメラでいうと、レンズの役割を持つ。

角膜

黄斑

中心窩周辺の丸く濃く見える部分。

黄斑

網膜

ここで眼に入ってきた光は像を結ぶ。光を感じて神経信号を発する視細胞など、様々な神経細胞で構成される。
カメラでいう、フィルムの役割を持つ。

retina

虹彩

眼に入る光の量を調整する。
カメラでいう、絞りの役割を持つ。

虹彩

視神経

網膜に投影された視覚情報を、脳へと伝達する。

毛様体・毛様体筋

毛様体は水晶体に付着している筋。
毛様体筋はその基部にあり、収縮と弛緩で水晶体の厚みを調整し、焦点(ピント)を合わせる微調整を行う。

ciliary

脈絡膜

強膜と網膜の間にあり、眼球への栄養分を供給。
カメラでいう、ボディの役割を持つ。

choroid

« 前の記事

このページのトップへ