復習用ページ > カテゴリー【網膜の構造】

水平細胞

視細胞同士を結ぶ、網膜の部分。。

水平細胞

神経節細胞

視細胞(桿体細胞と錐体細胞)からの神経信号が伝えられる網膜の部分。

神経節細胞

L錐体

錐体の中でも長波長(赤)を主に感じるもの。

M錐体

錐体の中でも中波長(緑)を主に感じるもの。

S錐体

錐体の中でも短波長(青)を主に感じるもの。

錐体細胞

視細胞の種類。色を識別することができ、明るいところで働く。中心窩に集中して存在している。

錐体細胞

色素上皮層

網膜を構成する膜で、一番奥にある層。

色素上皮層

桿体細胞

視細胞の種類。明暗を識別し、暗いところで働く。網膜全体に分布しているが、中心窩には存在しない。

桿体細胞

アマクリン細胞

視神経細胞同士を結ぶ。

アマクリン細胞

ロドプシン

杆体の中にある視物質。ピンク色。

« 前の記事

このページのトップへ