復習用ページ > カテゴリー【ま行】

明清色

純色に白だけを加えた色。

明清色

網膜

ここで眼に入ってきた光は像を結ぶ。光を感じて神経信号を発する視細胞など、様々な神経細胞で構成される。
カメラでいう、フィルムの役割を持つ。

retina

毛様体・毛様体筋

毛様体は水晶体に付着している筋。
毛様体筋はその基部にあり、収縮と弛緩で水晶体の厚みを調整し、焦点(ピント)を合わせる微調整を行う。

ciliary

面積効果

同じ色でも、面積(大小)で見え方・印象が変化する。
面積が大きいほど、明るく鮮やかに見える。

無彩色

明度だけで表現される。色みを持たない。
白・黒・灰色。
(→有彩色

脈絡膜

強膜と網膜の間にあり、眼球への栄養分を供給。
カメラでいう、ボディの役割を持つ。

choroid

マンセル

アメリカの画家・美術教育家。
現在のマンセル表色系の原型を作る。

みどりの日

本日5月4日は「みどりの日」。
せっかくなんで、「緑」という色について少し。

  • 心理四原色「赤・黄・緑・青」の一つ。(3級。参考ページ
  • 中性色(暖色でも寒色でもない。)の一つ。(3級。参考ページ
  • マンセル表色系での基本色「R(赤)・Y(黄)・G(緑)・B(青)・P(紫)」のひとつ。(2級。参考ページ

可読性・明視性・誘目性・視認性_葛西選手とFISCHER

ソチオリンピックでレジェンドと言わしめた葛西選手。
41歳でのメダルというか、「41歳の現在までずっと一線で活躍されている」というのがのがすごいですね。

さて、この方のユニフォーム(といっていいのかどうか)、黄色と黒の色使い、正直最初に見た時には「?!」でした。
あまり目に良く映らなかったんです。ジャンプ後は結構かっこ良く見えるのが不思議ですが。(単純なだけですね。)
「う〜ん-o-;」と思ってじっと見ていましたが、ジャンプした後、飛んでいる選手の下から映されますよね。
するとスキー板の裏側には「FISCHER」の文字が。
続きを読む »

このページのトップへ