復習用ページ > カテゴリー【か行】

混色系(表色系)

混色の原理を用いて表示した色を並べた表色系。
例:XYZ表色系、オストワルト表色系

顕色系(表色系)ーカラーオーダーシステム

色を見た目の感覚で等しくなるように並べた表色系。
「カラーオーダーシステム」とも言う。
例:PCCS、マンセル表色系

回折

光の波が、その波長と同じような大きさの、障害物に当たったり、穴を通過した場合、そのから広がって進んでいく現象。 例:CD

回折

干渉

2つの光において、その波が山と山が重なり合うと明るく見え、山と谷が打ち消し合うと暗く見えること。
例:シャボン玉

干渉

屈折

光が複数の物体(空気と水、ガラスと水など)の境界線を斜めに通過するときに進行方向を変える現象。
このため、物体が折れ曲がったり、実際のある場所とずれて見える。

虹はこの屈折により起こる現象。
空気中の水滴内に入光、そこでで屈折・反射し、水滴内から出る時に再度屈折、この時に虹が発生する。

その他の例:コップ入りのストロー、レンズなど。

吸収

ある物体に当たった光の成分のうち、反射(正反射拡散反射)・透過正透過拡散透過)しなかったものは「吸収」される。
すべて吸収されると、その物体の色は黒に見える。

拡散透過

物体の内部を通過した光が、様々な方向に拡散して出てくること。
曇りガラスなど。
(→正透過

diffuse_transmission

慣用色名

固有色名の中で、日常的に広く使用され、その固有色名を聞いただけでその色を連想できるもの。
例)桜色、黄土色、空色、ベージュ、エメラルドグリーン、パープル

固有名色

植物や動物、食物などの名前からとった色名。
例)茜色、うぐいす色、栗色

系統色名

基本色名に明度・彩度・色相に関する修飾語をつけたもの。
例)あざやかな赤、うすい黄色、こい紫みの青

« 前の記事

このページのトップへ