復習用ページ

混色系(表色系)

混色の原理を用いて表示した色を並べた表色系。
例:XYZ表色系、オストワルト表色系

顕色系(表色系)ーカラーオーダーシステム

色を見た目の感覚で等しくなるように並べた表色系。
「カラーオーダーシステム」とも言う。
例:PCCS、マンセル表色系

リープマン効果

隣り合う有彩色同士に明度差がほとんどない場合、それぞれの形を判別するのが困難になる現象。

文字や形をきちんと判別するには「明度差」が必要、といえる。

色陰現象

有彩色にかこまれたグレイが、その有彩色の心理補色の色味を帯びること。

色陰現象

散乱

光が直進する際、大気中の粒子に当たり、いろいろな方向に散乱すること。

長波長(赤寄りの光)より短波長(青寄りの光)の光の方が散乱されやすいので、赤い光の方が、散乱される事がすくないまま遠くまで進むことが出来る。
このため、
太陽の光が近くから入ってくる昼間は、空の色が青く見え、
太陽の光が斜めに遠くから入ってくる夕方は、空の色が赤く見える。

回折

光の波が、その波長と同じような大きさの、障害物に当たったり、穴を通過した場合、そのから広がって進んでいく現象。 例:CD

回折

干渉

2つの光において、その波が山と山が重なり合うと明るく見え、山と谷が打ち消し合うと暗く見えること。
例:シャボン玉

干渉

屈折

光が複数の物体(空気と水、ガラスと水など)の境界線を斜めに通過するときに進行方向を変える現象。
このため、物体が折れ曲がったり、実際のある場所とずれて見える。

虹はこの屈折により起こる現象。
空気中の水滴内に入光、そこでで屈折・反射し、水滴内から出る時に再度屈折、この時に虹が発生する。

その他の例:コップ入りのストロー、レンズなど。

吸収

ある物体に当たった光の成分のうち、反射(正反射拡散反射)・透過正透過拡散透過)しなかったものは「吸収」される。
すべて吸収されると、その物体の色は黒に見える。

拡散透過

物体の内部を通過した光が、様々な方向に拡散して出てくること。
曇りガラスなど。
(→正透過

diffuse_transmission

« 前の記事