COLOR-SLのサイト・管理人について

このサイトの管理人について

大学では国文学の国語学を選考。
職歴は最初に食品メーカーにて営業を数年やった後、販促物を作成する会社に転職。
以降、グラフィックやらここ数年はWEBのお仕事などしています。
こういうサイトを運営してますので、たまにデザインやカラーの講師かなにかと思われますが、そういうわけではありません。
ただ、色に興味のあるものではあります。

COLOR-SLを始めるきっかけ

食品メーカーにて営業をしている際、販促物がほとんどない会社だったため、自分で作って持っていくようになりました。
しかし、あまりに素人なのもどうかと思い、通信教育でPOP作成の勉強をしました。
その時、一番苦労したのが配色でしたので「色の勉強もしないといけないかなあ」と思ったのが、元々のきっかけです。

その後、正直始めはそんなつもりもなかったのに、結局色彩検定の1級まで独学にて取得。
(あらましは「独学で色彩検定合格への道のり」をご覧ください。)
この時、特に1級2次を受験の際には、その知識を瞬時に引き出せるほど身につける必要があると痛感したものの、暗記が苦手なため随分苦労しました。
なんとか少しでも楽に暗記する方法はないか、それを手助けしてくれるサイトはないかと思い、必死で自分の希望にあったサイトを探しました。
しかし勉強方法やヒントを下さるサイトは結構見つかりましたが、自分の希望どおりの暗記用サイトは見つかりませんでした。

その後、色々紆余曲折?があり、WEBの勉強を始めることにしました。
ある程度の作成の知識を詰め込むことは終わり、実際に作品を作ることになりましたが、ネタを考えるのも結構大変です。
そこで、「こんなサイトがあったらなあ。」と思ったのに見つからなかった、色彩検定の暗記用サイトを作成することにしました。

要するに、このサイトは私が初めて作成したホームページです。

COLOR-SLの作成と運営

正直言いますと1つの勉強の集大成であり、当初は「ずっと続けていこう」という気持ちはそれほどなかったように思います。
ドメインの取り方やサイトのタイトルも、今から考えると安易な考えの部分があります。
しかしそのようなスタートにも関わらず、おかげさまで今回で4度目のリニューアルとなりました。(2012.12)

4度目のリニューアル時点で、私が受験してから2度もテキストが変わっていますし、一応その都度テキストを購入し読んでいますが、「色彩検定の勉強」から離れて数年が経っています。
このような状態のまま、運営を続けていてもいいのだろうかと思うこともあります。

しかし、アクセスもいただいておりますし、おかげさまでなんとか頑張っていけている状態です。

色彩検定は役に立つのか

「色彩検定の資格」は役に立つのでしょうか?よくある疑問と思います。
この資格を取った、それだけでは自分の為になっていると感じることは少ないのではないかと思います。

私自身はこの勉強によって得た知識のおかげで、配色を考える時に随分助けられています。
「WEBカラー」についての書籍などを読む際にも、その知識があるおかげで、理解しやすいように感じます。
自分の仕事や趣味など何かと組み合わさることによって、その内容や効率が飛躍するのではないでしょうか。
また、その配色やデザインを第3者に説明する必要がある時、感覚以外に伝える言葉・方法で表現することができ、説得力が生まれると思います。

そしてこれは私の友人の言っていたことですが。。。
もともとセンスのある人は、配色の法則など理屈を覚える必要はないように思われるかもしれません。
しかし、どんな優秀な方でも壁にぶつかることがあると思います。その時にその壁を打ち破ったり、思考を別方向にずらす必要が生じたとき、「知識」はその人を助けてくれるのではないでしょうか。

頑張ったことに無駄はないと思いますし、無駄にしないようにすることも考えなければならないと思います。
このサイトがそんな頑張りに少しでもお手伝いできたり、ヒントになりましたら幸いです。

このページのトップへ