散乱

光が直進する際、大気中の粒子に当たり、いろいろな方向に散乱すること。

長波長(赤寄りの光)より短波長(青寄りの光)の光の方が散乱されやすいので、赤い光の方が、散乱される事がすくないまま遠くまで進むことが出来る。
このため、
太陽の光が近くから入ってくる昼間は、空の色が青く見え、
太陽の光が斜めに遠くから入ってくる夕方は、空の色が赤く見える。

« »