屈折

光が複数の物体(空気と水、ガラスと水など)の境界線を斜めに通過するときに進行方向を変える現象。
このため、物体が折れ曲がったり、実際のある場所とずれて見える。

虹はこの屈折により起こる現象。
空気中の水滴内に入光、そこでで屈折・反射し、水滴内から出る時に再度屈折、この時に虹が発生する。

その他の例:コップ入りのストロー、レンズなど。

« »